SAMPLE COMPANY

在宅ワーク・内職とは

スマホやPCさえあれば、いつ・どこででも始めることができる「在宅ワーク・内職」。 日中に家を空けることができない主婦(夫)の方や、副業として自宅でも仕事をしたいという方など、 幅広く人気があるお仕事です。では具体的にどのような仕事なのでしょうか? 在宅ワーク・内職のメリットや種類についてご紹介します。
仕事内容について
内職のお仕事は、シール貼り、袋詰め、カプセル詰め、ネジ留めのような単純作業が多く、製造業者より原材料を受け取り、取り付けや組み立てや検品作業が主となります。 世の中に流通している製品を見る限り、あまり内職の形跡は見られませんが、実は驚くほど多くの製品の生産過程に関与しています。 例として、皆さんの手元に届くダイレクトメールです。内職ではシール貼りの仕事も多く、宛先のような大きめなものから、アクセサリーやネジの小袋に貼るものなど、サイズも様々です。机や部屋の一角でできますので、場所もそれほどとりません。 内職の業種としては、繊維工業、雑貨が多く、作業数と報酬単価をかけあわせた歩合制が一般的です。報酬は内容によって異なりますが、簡単な作業だと単価が1円に満たない金額になります。 一方アクセサリー制作など、作業時間がかかる精密な作業ほど報酬は高額です。
更に
内職は家の中で行う作業が多いため、在宅ワークと親しいイメージですが、実は大きく異なる点が法律の面です。 内職には家内労働法という法律が適用され、工賃の最低額や安全面などの労働環境が保証されていますが、在宅ワークが適用される下請法では最低賃金は保証されていません。 また家内労働法には、工賃支払いの確保という義務があり、家内労働者から製品を受け取ってから1か月以内に原則として、現金でその全額を支払う決まりが適用されます。 在宅ワークは技術を必要とした設計・製図・デザイン、データ入力、翻訳、ホームページ作成などが中心となり、厚生労働省は在宅ワークを内職と区別して扱っています。

具体的なお仕事例

人気上位3点
アンケートモニター アンケートサイトに登録して、企業やメディアが行うさまざまなアンケート調査に回答するというもの。アンケートに回答するたびに、それに応じたポイントを獲得できるポイント制の仕組みのサイトが多く、一定のポイントが貯まると、商品券や現金と交換することができます。1件のアンケートで獲得できるポイントが少ないため、毎日地道に続けていくことが重要となります。そのため、副業やお小遣い稼ぎとしてアンケートモニターを選ぶ人が多いようです。
ライター 企業からの依頼内容に合わせて、記事の執筆を行うというもの。未経験者でも始められる案件も多く、文章を書くことが好きな人からは安定して人気があります。記事の文字数や難易度によって報酬額に差はありますが、「在宅ワーク・内職」のなかでは比較的高い報酬をもらえる仕事ということも人気の理由。最近では、さまざまなジャンルのメディアが増えたため、広く知識が求められることが多くなりました。記事の企画を考えるところから関われる案件や取材案件など、さまざまな仕事を経験することで、ライターとしてのレベルアップも目指せるでしょう。
データ入力 企業からの依頼内容に合わせて、データの入力作業をするというもの。リストの作成やECサイトの商品情報の入力などの単純入力作業が多いのが特徴です。ほかに、インターネットを活用して、特定の内容に関しての情報を調べて、まとめるといったリサーチ業務なども。いずれの場合も、「Word」や「Excel」などのOfficeソフトを使用しますが、比較的、人を選ばない案件が多い仕事になります。案件ごとの報酬額は高くないため、データ入力をメインで行う場合は量をこなす必要がありますが、タイピングスピードに自信がある方なら効率よく仕事をこなすことができるでしょう。

スキルを活かして高収入を狙える!おすすめ在宅ワーク3選

特殊な技術を生かした在宅高収入ワーク3点
プログラマー システムやアプリケーション開発におけるプログラム作成を行うのがプログラマーです。プログラム言語を駆使する高度な専門知識とスキルが必要になるため、難易度は高いですが、長く仕事を受注できる将来性があります。報酬も高額で、1件あたり数十万円になることも。また会社勤めであれば会議への出席や、諸々の雑務もこなさなければなりませんが、在宅ワークならばそれらの負担がなく、作業に集中できるのもメリットです。
WEBデザイナー ホームページのデザインを手掛けるWEBデザイナー。センスはもちろん、デザインの作成に必要なソフトウエア(「Photoshop」など)を使いこなすスキルが必要不可欠です。単価は作業内容によって異なりますが、一般的に5万円から数十万円程度。サイト作りの基本になるhtmlや、サイトのレイアウトを整えるCSS、WEB上の動きや画像表示などをWEBに組み込むコーディングなどの勉強はマストです。サイト製作依頼者と直接打ち合わせするWEBディレクターの仕事ができると、さらなる高収入を狙えます。
DTP 雑誌やカタログなどの印刷用データや図版を作成するDTP。「Photoshop」「Illustrator」「In Design」などのソフトウエアを使いこなすスキルが必須で、さらに校正やフォント、文字の配列といった印刷物に関する専門知識が求められます。ミスがないかを細かくチェックし、修正を繰り返しながら納期厳守で完成させるため、緻密さとタフさ、柔軟な対応力が必要な職種です。単価は数千円程度と高くないものが多いため、複数案件を掛け持ちして希望収入を目指す人が多いです。

現在の在宅ワークの状況

在宅ワークの可能性を広げた「テレワーク」とは?

パソコンやスマートフォンなどの情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用し、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を実現するテレワーク。「tele=離れた所」「work=働く」を組み合わせた造語で、自宅やカフェなど本来勤務をする場所から離れて仕事をすることが可能になりました。この普及によって、在宅ワークの選択肢はぐっと広がりました。 そもそもテレワークとは、総務省などが中心となって推進している働き方改革の一つ。企業と雇用形態を結ぶ「雇用型」と、個人事業主として仕事を受注する「自営型」の2種類に分かれ、どちらもワークライフバランスを向上させること、出産や育児、介護などの理由による離職を防ぐことなどを目的としています。国土交通省が行った就労者4万人を対象とした調査によると、2017年度のテレワーカー人口は、雇用型は5,393人、自営型では787人と、調査対象の1割強を占めています。ライフワークバランスの実現や地域活性化の手段としても効果が期待でき、今後ますます需要が高まっていくことが見込まれます。

育児中のキャリアママからビジネスパーソンまで、幅広い在宅ワーカー

働く時間帯や仕事の量を調整できる在宅ワークは、子育てをしながら無理なく仕事をしたい女性に特に人気です。従来の在宅ワークといえばシール貼りやチラシ折り、部品の組み立てなど、誰でもできる簡単な内職が主流でしたが、最近は翻訳やDTP、CAD製図など専門性の高い仕事も増えてきました。さらにインターネットが発達したことで、仕事の依頼者と受注者をつなぐクラウドソーシングも普及。希望の仕事を探しやすくなり、これまで培ってきたスキルを活かしたいというキャリアのある女性が、復職や再就職ではなく、在宅ワークを選択するようになってきています。 また在宅ワークは、通勤する手間がなく、仕事をする時間は自分で調整できる手軽さから、勉強やサークル活動などで忙しい学生のアルバイトとしても人気です。高校生でも請け負える経験や資格が不問な仕事がありますが、登録したいクラウドソーシングサービスに年齢制限を設けている場合もあるため、事前のチェックは必須です。またプログラミングやシステム設計など専門知識やスキルが必要なものは報酬も高額な場合が多く、副業とするビジネスパーソンも増えています。

スマホやパソコンで隙間時間にできる仕事が豊富!

専門性の高いものから、誰でも気軽にできる簡単なものまで、選択肢が広がった在宅ワーク。特に最近は、パソコンやスマホを使ったシンプルな仕事が増えています。例えば、簡単なデータ入力や、表示された質問に答えていくアンケートなど入力すれば完結する仕事はとても手軽で人気です。また、近所にある飲食店の外観をスマホで撮影する案件などもあり、スマホさえあれば空いた時間にコツコツ稼ぐことができます。もう少し手間をかけられる人には、企業がPRしたい商品を実際に使ってみて感想を書くレビュー記事やアフィリエイトのブログなど、趣味と実益を兼ねた仕事もあります。また、「税金の知識がある」「趣味で占いを勉強していた」などの特技をもっている人は、自分のスキルを販売できるサイトを利用して、依頼者にアドバイスしたり相談に応じたりすることで収入を得ることもできます。

会社概要

会社名 株式会社ベルファン
設立年月日 平成19年7月5日
資本金 900万円
住所 渋谷区神山町41-7
事業内容 ※通信販売事業
※在宅ワークの紹介
※古物販売業
※広告代理業務
責任者 西田

お問い合わせは以下までお願い致します。

0120-973-421
定休日:土日祝日
営業時間AM9:00〜PM6:00
株式会社ベルファン